石橋高次について
「青の余韻」「街」

昭和33年3月13日 福岡県遠賀郡芦屋町生まれ。福岡県立若松高等学校に入学。
卒業後は地元の大学に入学。美術や音楽・映画などが大好きな学生でした。

大学卒業後は、北九州市小倉にあるシルクスクリーンの工房である(有)九州プロセス工房に就職。シルクの刷り方や製版の作り方などを習得する。25才の時に独立し、地元にてシルクスクリーン工房を始める。仕事に追われ、なかなか作品制作が出来ませんでしたが、30代半ばからやっと作品制作を始めました。

独自の絵画の世界を追い求め続け試行錯誤を繰り返す中、40才を過ぎた頃にようやく、新しい表現方法(気泡のようなもの)を確立する事ができました。

それより、版画の中のひとつの表現方法であるシルクスクリーンによる作品を中心に発表。
今日に至る。もちろんシルクの作品は作家本人による原案と製版、1枚1枚手刷りによるプリントの仕上げとなっています。

画歴
1958年 福岡県芦屋町生れ
1983年 シルクスクリーン工房を始める
1995年 福岡県美術展 福岡市教育委員会賞
2000年 あしや美術展
2003年 北九州美術家連盟公募展 銀賞
北九州総合デザイナー展 大賞
2004年 北九州美術家連盟公募展 第45回記念大賞
第19回国民文化祭・
ふくおか2004美術展洋画部門 佳作
日・韓・中美術交流展(韓国・大邸市)
2005年 別府アジアビエンナーレ展 入賞
青木繁記念展 入選
異色画家4人展(マルミツ画廊)
日・中・韓美術交流展(中国・広州市)
2006年 第4回池田満寿夫記念展 準入選
北九州区民選抜展(北九州美術館)
北九州選抜作家展(ギャラリー蒼)
第39回西日本美術展 奨励賞
2007年 北九州美術連盟会員展 連盟賞
東北アジア美術展(西日本展示場)
日・中・韓美術交流展(韓国・大邸市)
異色画家10人展(D3ギャラリー)
岡垣アートフェスティバル
2008年 個展(中和ギャラリー・銀座)
2011年 個展(D3ギャラリー・北九州)
個展(ギャラリー58 銀座)
2012年 グループ展多数・
個展11回
2014年 韓国大清湖美術館10周年記年企画
日韓選抜美術展(韓国・大清湖美術館)
2015年 九州コンテンポラリーアート展
(福岡県立美術館)
2016年 国際アートフェスティバル招待出品
(ドイツ・ベルリン)
CAF・ネビュラ展
(埼玉県立近代美術館)
美術雑誌 百兵衛 夏号
石橋高次特集 掲載
グループ展多数・個展12回
所属
九州制作会議会員
CAF・N・美術協会 会員

「北九州ミケランジェロの会 設立記念」第1回M展パンフレットに紹介されました。
右側はパンフレット中面 代表ごあいさつ&北橋市長より祝辞です。

この度、2018年8月3日(金)に作品2点がわが街、福岡県、北九州市(人工96万人)の市長の応接室に飾られました。
北橋市長も喜んで頂き、嬉しいです。また、今後の北九州の展望なども意見交換させて頂きました。
どうもありがとうございました。
 
「筑豊炭田 石炭慕情」作詞・作曲・唄 石橋高次
 2021年6月制作
 1,筑豊炭田 石炭慕情 2,お天気めがねさん 3,筑豊炭田 石炭慕情(カラオケ) 4,お天気めがねさん(カラオケ)

私がCD「筑豊炭田 石炭慕情」を作る経緯を少しだけ書かせて頂こうと思います。
私は1958年に福岡県遠賀郡芦屋町に生まれ育ちました。
そして今でも芦屋町に住んでおり、広告業を基盤に画家とギター弾き語りをやっております。
自宅が遠賀川のそばだったので小さい頃から遠賀川で遊んでいました。そんな私もいつのまにか60歳を越えてしまいいつの日か、感謝を込めて故郷にまつわる唄を作りたいと思うようになりました。そして、ようやく歌詞とメロディーが形になり、自主制作ですがレコーディングしてCD化出来る様になりました。関係者の皆様には深く感謝しています。

江戸時代から昭和30年代まで遠賀川の上流の筑豊炭田では多くの石炭が採られ、その運搬船は最盛期には七千隻もの船が往来していたそうですが、私の子供の頃には鉄道輸送に変わりもう見かけなくなっていました。
只、大人になるにつれ、五木寛之氏の「青春の門」の映画をみたり本を読んだり、また火野葦平氏の若松港を舞台にした「花と龍」の本も読んだりしました。龍役の吉田磯吉氏の自宅は今も芦屋町にあり、映画「花と龍」の主役を演じた高倉健さんも若い頃芦屋町に住んでいたそうです。そして、田川市や直方市の石炭記念館や飯塚市の伊藤伝右衛門邸や嘉穂劇場などを訪れたりして当時の筑豊炭田や遠賀川の様子を垣間見る事が出来ました。
また、私の友人や知人からも当時の色々なお話も聞く事がありました。遠賀川を中心としたこの北九州地区が近代日本の発展に大きく寄与し栄華を極めた大切な地域だった事を知って唄にしたいと思いました。そしてどうかこの地で身を粉にして一生懸命に働かれた諸先輩方々に感謝し敬意を表してこの唄を捧げたいと思います。

2021年6月 石橋高次(たかし)

1枚 1,000円(税込) ※送料別途 にて販売しています。